上海のニュース 記事

アンデルセンの遊園地開園 全長4・4㌔の徐匯滨江が完成

上海市楊浦区に6月28日(水)、世界初となるアンデルセン童話をテーマにした遊園地「上海アンデルセン童話楽園」が開園したことがわかった。

同園の総面積は8万1400平方㍍で、『マッチ売りの少女』や『みにくいアヒルの子』など童話にちなんだ7つのエリアが広がる。また園内には「アンデルセン博物館」が建設され、デンマークにある「アンデルセン博物館」から寄贈された、1855年発表のアンデルセンの自叙伝『わが生涯の物語』、70年発表の小説『幸運な貴族』、72年のアンデルセン最後となる童話集『童話と物語の新集 第三巻第一集』の原版を展示する。入園料は大人180元、身長1㍍以下の子どもは90元、70㌢以下の子どもは無料としている。

そのほか、徐匯区の黄浦江沿い4・4㌔に広がるエリア「徐匯滨江」が最近、開通したことがわかった。同エリアにはジョギングコースに更衣室やシャワー室を設けるほか、ドッグランも設置していると言う。

1_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2017年7月7日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。