上海のニュース 記事

軌道交通17号線最終調整 女性専用車両は導入なし

上海市鉄路局によると、2・10号線「虹橋火車」駅から青浦区の「東方緑舟」駅までを結ぶ軌道交通17号線の建設で、高速での運転などの最終調整を6月30日(金)に開始。今年末までに試験運行を開始する見込みであることがわかった。

同路線は全長35㌔300㍍で、「朱家角」駅や「東方緑舟」駅など全13駅を結ぶ。採用される車体には、空調の強度を自動制御するインバーターエアコンやLED照明、車椅子用の座席スペースを設置している。

また同局は夏季の旅行客増加に伴い、7月1日(土)から8月31日(木)までの、市を含む長江三角洲鉄路の予想発送旅客数を1億1600万人と予想。期間中は約64便を増便することを発表した。一方「北京南」駅と「上海虹橋」駅を結ぶ京瀘高速鉄道が6月29日(木)、運行開始から6周年を迎えた。輸送人数はのべ6億3000万人、総走行距離は7億6955万㌔に上る。

そのほか深セン地鉄集団有限公司が近頃、一部路線で女性専用車両を中国で初めて導入したことに関し、上海市鉄路局関係者は、市では妊婦を優先的に乗車させていることなどから、女性専用車両導入の予定がないことを明らかにした。

6_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2017年7月7日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。