上海のニュース 記事

20年までに住宅170万戸 賃貸住宅市場の開拓に注力

上海市政府は7月7日(金)、第13次5カ年計画「十三五」において、市の住宅計画に関する政策「上海市住房発展〝十三五〟規劃」を発表。2020年までに、170万戸の住宅を新設することを明らかにした。

同政策では、約5500㌶の土地に、170万戸の住宅を建設することを計画。うち販売用の住宅は45万戸、賃貸向けの住宅は70万戸を新設予定だと言う。また市中心部約5000万平方㍍にある老朽化マンションなどに対し、修繕を行うとした。新設する住宅件数は、第12次5カ年計画「十二五」に比べ60%ほど多く、今回は特に賃貸住宅市場を拡大させることによって、住宅価格の安定と、需要と供給のバランスを取ることを目標にしていると言う。

一方虹口区の、中国歴史文化名街に指定されている多倫路で最近、歴代の新聞を収集・展示している「家庭集報館」や箸の博物館「筷箸博物館」などの民間博物館が相次いで閉館していることがわかった。「家庭集報館」の館長によると、多倫路にはかつて11軒の民間博物館が存在したが、経済的な理由や、経営者が高齢であることなどから次々と閉店していると話す。市収蔵協会会長によると、市では現在、50軒弱の民間博物館が存在すると言う。

6_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2017年7月14日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。