上海のニュース 記事

14日連続で高温警報発令 エアコン故障、氷で冷却

上海市は、7月12日(水)から連日熱帯高気圧に覆われ、24日(月)と25日(火)の最高気温が40度に達したことがわかった。

市では12日(水)から14日間連続で、気温上昇の警報として上から2番目のレベルに相当する「高温オレンジ警報」が発令。特に徐匯区では最高気温39度、嘉定区では40度に達し、最高レベルの「高温赤色警報」が発表された。

また太平洋北西部では21日(金)~23日(日)に掛けて、台風5号ノルーと台風6号クラー、台風7号ロウキー、台風8号ソンカーの4つの台風が次々と発生。1994年ぶりの珍しい現象となった。

そのほか、嘉定区に位置する「曹安国際商城」で近頃、壊れた空調設備を修理せず、氷で室内温度を下げるという出来事があり、市民からのクレームが相次いでいる。同モールの店員は、室内の温度が37も度あり、まるでサウナのようで吐き気や食欲不振を感じると話している。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2017年7月28日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。