上海のニュース 記事

27社のミルクティー成分検査 カフェインがコーヒーの4倍

上海市消費者権益保護委員会は近頃、市内27のミルクティー販売店が扱う51商品に関し、糖分や脂肪、カフェインなどの含有量の検査を実施。カフェインの平均含有量は1㍑当たり270㍉で、多いものだと商品1杯にコーヒー4杯分に相当するカフェインが含まれていることがわかった。

また無糖を謳う20商品に、100㍉当たり2・4㌘の糖分が検出。さらに、甘さが「通常」とされるものには、1杯当たり11~62㌘、一番多かったもので角砂糖14個分に相当する糖分が含まれ、「中国居民膳食指南2016」が示す1日の最大摂取量50㌘を大幅に超えていた。

 

~上海ジャピオン2017年7月28日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。