寺の池に巨大なカメ カメの王様姿現す

福建省泉州市にある承天寺の池で最近、重さが50㌔以上ある巨大なカメが見つかった。

この池には以前から、〝カメの王様が住んでいる〟というウワサが流れていたが、今回8年ぶりに池の清掃を行ったところ、このカメが見つかったと言う。カメは体長1㍍、幅60㌢以上で、頭は大人の拳2つ分に相当する。重さは8年前の計測時が49㌔だったので、今では50㌔を超えているだろうと予測。池にはほかにも大きなカメが数匹いるが、このカメが飛び抜けて大きいと言う。

またある市民は、このカメは14年前に、寺の参拝者が池に放ったものだと言うが、真偽のほどは不明。

5

~上海ジャピオン2017年8月11日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP