上海のニュース 記事

ノー現金デーイベント実施 支付宝・微信利用でプレゼント

上海市を含む中国各地で8月1日(火)~8日(火)、ネット支払サービス「支付宝」や「微信支付」が〝ノー現金デー〟イベントを実施。期間中に同サービスを利用したユーザーに対し金塊をプレゼントするなど、様々な企画を行っていたことがわかった。

「支付宝」では期間中毎日、1日に2回以上、1回2元以上を消費したユーザーから抽選で88万人に、総量1万8888㌘の金塊を贈呈するイベントを実施。また1・88~4888元の現金が当たる抽選会も開催した。一方「微信支付」では、8日(火)に使えるサービス券や現金をユーザーに贈呈した。

なお「支付宝」を運営するアリババグループの調査などによると、市では電気代の6割がオンラインで支払われており、野菜市場でも8割近くの店舗で電子決済が可能であると言う。

そのほか市の軌道交通9・12号線「嘉善路」駅などで最近、無料で小銭や飲料水を提供する「小銭ボックス」が登場し、市民の間で話題となっている。小銭が詰まった箱の上には「自由にお使いください、1人5元まで」と書かれており、通行人が自由に小銭を持ち出せる。しかしこれはあるメディアが宣伝・実験のために設置したものであり、市民からは批判の声も出ている。

6_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2017年8月11日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。