上海のニュース 記事

上海タワー技術空間オープン 巨大制振ダンパーがお目見え

上海市浦東新区に構える「上海タワー(上海中心大厦)」の125~126階にある技術・アート空間「巓峰632」が8月28日(月)、営業を開始したことがわかった。

上海タワーは高さ632㍍で、世界で2番目、中国で1番の高さを誇る。同日オープンした階層は地上583㍍40㌢に位置し、室内の高さは23㍍。初の国産となる、強風による揺れを抑える制振ダンパーを備え、同タワーの安定と安全を担う。このダンパーは、形が古代中国の地理書「山海経」に登場する燭竜の目に似ていることから〝上海慧眼〟という別名が付けられている。

 

~上海ジャピオン2017年9月1日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。