上海のニュース 記事

上海観光客1059万人突破 市内商業施設で売上げ増

上海市旅遊局は10月1日(日)~8日(日)の長期休暇期間中、市を訪れた観光客の総数がのべ1059万人に達し、観光収入額は昨年比2・6%増の106億元となったことを最近発表した。

今年は国慶節と中秋節が重なり、8日間の大型連休となった。市内を訪れた観光客らの平均消費額は1日当たり1人1023元で、期間中は市内400軒の飲食店における総売上額が111億6000万元となり、昨年に比べて10・7%増加したと言う。中でも長寧区や浦東新区のレストランでは昨年の2倍以上、同区にある「尚嘉中心」や「第一八佰伴」などのデパートでは20%以上の売上げを記録した。

一方、休暇を心身の充電に充てた人も多く、市内の書店には多くの学生や会社員などが来店し、休暇前に比べ売上げが69%アップ。一方で、エステサロンやヘアサロンの利用客数は、休暇前の64%にまで落ち込んだ。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2017年10月13日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。