市が秋に移行、モクセイ開花 星が近づく珍しい天体現象

上海市中心気象台は10月15日(日)、市の平均温度が11日(水)から5日連続で摂氏22度を下回ったことから、同日に市が秋に入ったことを発表した。

今年の夏季期間は146日で、1873年以来5番目に長い夏となった。秋に入り、市内の各公園では「キンモクセイ」をはじめとする「モクセイ」が2度目の開花時期を迎え、一週間ほどよい香りを楽しめる言う。また市では台風20号「カーヌン」の影響を受け、15日(日)から16日(月)に掛けて暴雨となり、嘉定区では24時間の降水量が42㍉に達した。天気は19日(木)頃から回復し、最高気温が21~23度にまで上昇する見込み。

そのほか市を含む全国各地で17日(火)と18日(水)の日の出前に、火星と金星、月が接近する様子が観察された。専門家によると、新月前の細い月に、明るい金星と赤く輝く火星が接近している様子が肉眼で確認でき、美しい眺めであったと言う。

1_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2017年10月20日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP