上海のニュース 記事

市民が辛い物を好む傾向に 辛味調味料の販売が好調

上海美味金文投資控股有限公司らは最近、市内各飲食店で提供する料理に関する傾向をまとめた「2017年(中)美味金文風味指数」を発表。市民が辛い味付けの料理を注文する傾向が前年比1・1ポイント増の101・1で、昨年に比べ市民が辛い味をさらに好む傾向にあることがわかった。

この統計は、デリバリーサイト「百度糯米」や「百度外売」、「餓了幺」の利用状況をまとめたもの。100を超えると前年比で数値が上がっていることを指す。そのほか市内の飲食店に対する辛味調味料の販売量が、前年比30・2%増で調味料全体の1割を占めた。

 

~上海ジャピオン2017年10月20日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。