71路バスにマスコット 撮影用パネル人気

上海市の延安路を走る「バス・ラピッド・トランジット(BRT)」を用いた公共バス「71路」で最近、公式マスコットキャラクター「量量」が登場したことがわかった。

「量量」は市の公共バスでは初となるマスコットで、バスの前方部をイメージした大きな頭が特徴。現在は同バスの「延安東路外灘」停留所に同マスコットのパネルを設置しており、多くの市民が記念撮影を行っていると言う。また近日「71路」バスの車両内にも同マスコットのイラストを展示する予定。

なお「71路」バスでは、調査員が一般市民のふりをしてバスに乗車し、運転手や案内員の仕事ぶりをチェックする覆面調査など、様々な試みを行っている。

5

~上海ジャピオン2017年11月10日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 海鮮ダシ香るスープとしみっしみのホルモン上海の老舗麺屋って、少し小汚くガヤガ…
  2. 生活習慣病予防に中国茶――上海で暮らし始めてから、食事は外食やデリバリーが中…
  3. 上海市消防局によると9月5日(木)18時頃、中環線外回りの錦繍東路出入り口から2㌔ほど離れた一般道で…
  4. 中国漁業協会によると、今年の中秋節に当たる9月13日(金)までに上海市で販売される上海蟹は、昨年より…
  5. ~上海ジャピオン2019年9月13日発行号…
PAGE TOP