上海のニュース 記事

第22回上海国際マラソン 20人の車椅子選手が参加

今年で22回目となる「2017年上海国際マラソン」が11月12日(日)、黄浦区の外灘をスタートし、徐匯区の上海体育場にゴールするコースで開催。男性は南アフリカのスティーブン・モコカ選手が2時間8分35秒、女性はエチオピアのロース・ベイクレー選手が2時間22分43秒で優勝したことがわかった。

今大会では86の国と地域から計3万8000人のランナーが参戦。ハーフマラソンがなくなり、フルマラソンに2万8000人、10㌔ランに5000人、4㌔5000㍍の健康マラソンには5000人が参加した。また大会史上初となる20人の車椅子選手が参加し、沿道から声援を受けていたと言う。

一方大会関係者は、フルマラソンの参加人数が昨年に比べ8000人増えたことを受け、給水所や簡易トイレ、救護所などの数を増やし、特殊救護車や医師・救急ボランティアを待機させるなど、万全の態勢を整えたとしている。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2017年11月17日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。