上海のニュース 記事

祖父が残した宝地図 未だ全額見つからず

四川省のある一家で最近、祖父が臨終前に遺した〝ヘソクリ地図〟に、家族が困惑していることが話題となっている。

この家族の祖父は亡くなる直前に巨額のヘソクリの存在を明かし、隠している4カ所を地図に示したと言う。しかし一家がその場所を調べたところ、2カ所からそれぞれ5000元と3万元が見付かったものの、残り2カ所からは何も見付からなかった。家族の一人は「地図の場所に金がなかったので、家族の誰かが先に見付け、横取りしたのではないかと疑心暗鬼になっている」と話す。また地図とは別の工場跡からも約4万元のヘソクリが見付かっており、家族らは対応に追われている。

5

~上海ジャピオン2017年12月8日発行号

 

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。