祖父が残した宝地図 未だ全額見つからず

四川省のある一家で最近、祖父が臨終前に遺した〝ヘソクリ地図〟に、家族が困惑していることが話題となっている。

この家族の祖父は亡くなる直前に巨額のヘソクリの存在を明かし、隠している4カ所を地図に示したと言う。しかし一家がその場所を調べたところ、2カ所からそれぞれ5000元と3万元が見付かったものの、残り2カ所からは何も見付からなかった。家族の一人は「地図の場所に金がなかったので、家族の誰かが先に見付け、横取りしたのではないかと疑心暗鬼になっている」と話す。また地図とは別の工場跡からも約4万元のヘソクリが見付かっており、家族らは対応に追われている。

5

~上海ジャピオン2017年12月8日発行号

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  2. ~上海ジャピオン2019年6月14日発行号…
  3. 日本のSPAブランド「niko and…」を展開する企業「アダストリア株式会社」は6月6日(木)、上…
  4. 筋膜リリースで身体爽快――座っている時間が長いせいか、身体のコリが気になりま…
  5. 上海市内の各観光施設や博物館、文化施設では、6月7日(金)~9日(日)の端午節休暇期間中、のべ796…
PAGE TOP