上海のニュース 記事

米・珈琲店の新店舗がオープン 南京東路の老舗百貨店再開

上海市静安区に構える複合商業施設「興業太古匯」内に12月6日(水)、米コーヒー店「スターバックス」が「阿里巴巴集団(アリババ・グループ)」と提携し、焙煎機を設置した高級店舗「星巴克上海烘培工房(スターバックス・リザーブ・ロースタリー)」をオープンさせたことがわかった。

同店はシアトル店に続く世界2店舗目で、店内に巨大焙煎機を設置。コーヒー豆の加工段階を見学できるとあって、同日は客が長蛇の列をなした。また同店では限定グッズや食品も取り扱う。

そのほか、黄浦区南京東路歩行街の「第一百貨商業センター」が8日(金)、約半年に及ぶ改装を経てリニューアルオープンした。今回一般開放されたのは、旧「市第一百貨商店」に当たるA館と新棟のB館。また旧館の東に隣接する旧デパート「東方商厦」は同センターのC館として改装中。来年1月のオープンを予定している。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2017年12月15日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。