上海のニュース 記事

徐家匯の教会堂、修繕工事完工 市内の商業施設続々オープン

上海市徐匯区にある「徐家匯天主教堂」が12月16日(土)、約2年間に渡る修繕工事を終えたことがわかった。一般開放日は未定。

この教会堂は高さ50㍍を誇り、ゴシック様式の鐘を設置。〝アジア一の教会堂〟として知られており、100年以上の歴史を持つ。一方で建物の老朽化が進み、雨漏りや天井の一部が落下するなどしたため、2015年8月から壁面修復や防水処理など9項目の修繕工事を行っていた。また今回、ステンドグラスの装飾も修復され、色鮮やかなデザインが見事に再現されていると言う。さらに同教会はフォトウェディングのスポットとしても有名で、多くの市民が足を運ぶことが予想されている。

そのほか16日(土)、徐匯区に「徐匯日月光中心」、宝山区に「龍湖北城天街」、閔行区に「愛琴海購物公園」、浦東新区に「唐鎮陽光天地」が相次いでオープン。さらに、今月中に6カ所のショッピングモールも開業を予定している。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2017年12月22日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。