上海のニュース 記事

市内各地で年末イベント実施 爆竹使用禁止エリアが拡大

上海市商務委員会によると、市内の各商業施設と観光スポットでは年末年始に掛け、計100以上の催し物や年越しイベントを実施することがわかった。

黄浦区の新天地では12月31日(日)にカウントダウンパーティーを予定。さらに浦東新区のショッピングモール「正大広場」では新年を祝う音楽ショーを、普陀区の商業施設「上海環球港」では同日夜から2018年1月1日(月)朝まで年越しパーティーを行うと言う。

そのほか市人民代表大会常務委員会は12月22日(金)、市内で爆竹・花火使用の禁止区域などを定めた「上海市2018年煙花爆竹安全管控工作方案」を公表。今回は昨年の使用禁止エリアに加え、市外環線外で可燃性の保温材が使われている高層建築、耐火性の低い建物が禁止エリアに追加された。なお重度の大気汚染が確認された日は、市内外環状線内エリアのみならず、市内全域で使用が禁止される。

1_新浪※こんな感じで

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2017年12月29日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。