上海のニュース 記事

南外灘の再開発エリア開放 21年、北外灘に大型施設建設

上海市黄浦区政府は最近、黄浦滨江沿い8㌔3000㍍に遊歩道とランニングコース、自転車専用コースを設置。960㍍のウッドデッキスペースと併せて一般開放したことを明らかにした。

また同エリアでは、全長1240㍍の南外灘滨水エリア開発工事が、今年末に竣工予定。万豫碼頭街から陸家浜路に掛けてのエリアと董家渡・陸家浜路フェリーターミナルの改造を行うと言う。

さらに上海上実北外灘投資開発有限公司によると近頃、虹口区の虹口滨江エリア2㌔5000㍍の工事が完成し、大部分を公開したことがわかった。黄浦江沿いに遊歩道やトレーニングスペースが設置されたほか、2021年に2000席規模のコンサートホールがオープンする見込み。

そのほか、上海城投集団によると17年12月28日(木)、閔行区から浦東新区に掛けて流れる大治河に、浦江鎮新匯路橋や航頭都路橋など5カ所の橋が架かったことがわかった。

1_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年1月5日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。