上海のニュース 記事

北外灘のツインタワー竣工へ 深夜まで営業の書店が開店

上海市虹口区の北外灘エリアに、軌道交通12号線「提籃橋」駅直結でツインタワーを備えた複合施設「星港国際センター」が今年末までに竣工することがわかった。

同施設のショッピングモール部分は地上3階、地下6階建て。地下部分の深さ36㍍は、市内で一番だと言う。また、ツインタワーとしては上海で最も高い263㍍のオフィスビルを備え、総建築面積は約41万6100平米。

また楊浦区に1月6日(土)、売り場面積1300平米の書店「大隠書局・創智天地城市書房」がオープンした。同店は現時点で深夜2時まで営業し、客の要望があれば閉店時間を延長する予定。店内には読書用テーブルや茶室などを設置しているほか、地下に続く長さ10㍍の階段が設けられている。同店の近くには復旦大学や同済大学をはじめとする100以上の大学・研究機関があり、多くの学生や研究者が足を運ぶことを見込んでいると言う。

1_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年1月12日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。