上海のニュース 記事

週後半の最低気温6~7度 市内各地でロウバイが見頃

上海市気象局によると、1月18日(木)~19日(金)に掛けて市内の最低気温が6~7度を記録し、天気は曇りもしくは雨となる見込みであることがわかった。

9日(火)には金山区で観測開始後初となる最低気温マイナス8・9度を記録するなど、市全体に冷気が流れ込んだ。今週は全体的に温かくなるが長続きせず、正式に春入りするのは3月頃になると予想されている。なお、今年の冬は全体的に暖冬とされている一方、1月の平均気温4・7度が例年の5・3度を下回るなど、時折強烈な寒波に襲われる恐れがあると言う。

そのほか市内各地では、ウメの一種ロウバイが見頃を迎えている。ロウバイは、浦東新区の「世紀公園」や嘉定区の「古猗園」、宝山区の「顧村公園」などで鑑賞可能。専門家によると、黄色の花弁が特長のロウバイはロウバイ科で毎年12月に最盛期を迎え、白やピンク色をしたバラ科のウメは2月頃に咲き始めると言う。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2018年1月19日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。