上海のニュース 記事

飲食業界の統計データ発表 中華料理が消費者に最も人気

中国烹飪協会は近頃、上海市を含む中国各地の外食動向を調べた「2017年度美食消費報告」を発表。昨年度の飲食業界規模が3万9000億元に達する予測であることがわかった。

また料理のジャンル別では、中華料理が全体市場の半分以上を占め、次いでスナックフードが16%と多く、日本料理は2%ほど。一方で消費者の年齢別では、1990年代生まれが中華料理を選んだ割合は20%に満たず、若い世代ほど中華を食べない傾向が見られた。

そのほか昨年度最も好まれた料理メニューはザリガニ、ステーキ、アヒルの照り焼き、寿司、などが挙げられた。

8_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年1月19日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 インバウンド関西

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。