飲食業界の統計データ発表 中華料理が消費者に最も人気

中国烹飪協会は近頃、上海市を含む中国各地の外食動向を調べた「2017年度美食消費報告」を発表。昨年度の飲食業界規模が3万9000億元に達する予測であることがわかった。

また料理のジャンル別では、中華料理が全体市場の半分以上を占め、次いでスナックフードが16%と多く、日本料理は2%ほど。一方で消費者の年齢別では、1990年代生まれが中華料理を選んだ割合は20%に満たず、若い世代ほど中華を食べない傾向が見られた。

そのほか昨年度最も好まれた料理メニューはザリガニ、ステーキ、アヒルの照り焼き、寿司、などが挙げられた。

8_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年1月19日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. デスクワークで肩凝り梅雨で気温や気圧が安定しないせいか、身体のだるさを感じ…
  2. ガラスの展望台、再びオレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅…
  3. 上海市黄浦区にある映画館「大光明電影院」が7月15日(月)、24時間営業を始めたことがわかった。…
  4. ~上海ジャピオン2019年7月19日発行号…
  5. 記憶力アップの秘訣――どうも最近、物忘れが激しくなってきたような気がします。…
PAGE TOP