上海のニュース 記事

贋作疑惑の高級茶碗 作者の陶芸家現る

日本のテレビ番組『開運!なんでも鑑定団』で、2016年12月に持ち込まれた陶器が「曜変天目(ようてんへんもく)茶碗」と鑑定されるも、贋作疑惑が浮上していた件で、福建省のある陶芸家が最近、この陶器は自分が作ったレプリカであると証言したことがわかった。

「曜変天目茶碗」は、現在の福建省にあった建窯で作られたとされている茶碗で、現存する3点は国宝に指定されている。この陶器は番組放送時に、4つ目の茶碗として2500万円の鑑定額が付いたが、その真偽が議論されていた。今回証言した陶芸家は、この陶器は彼女が「曜変天目茶碗」を模して作ったものであり、80元ほどで販売していたと話す。

5

~上海ジャピオン2018年1月26日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。