上海のニュース 記事

体細胞クローンザルが誕生 霊長類のクローンは世界初

中国科学院神経科学研究所と脳科学与知能技術卓越創新センターは1月25日(木)、上海市徐匯区にある中国科学院上海生命科学研究院で、霊長類では世界初となる体細胞クローンのサル2匹を誕生させることに成功したと発表した。

サル2匹は昨年11月末に誕生し、同日時点でそれぞれ生後51日と59日を記録。名前は中国に因み「中中」、「華華」と付けられた。

同研究所は約5年前から、霊長類のクローン技術の開発に着手。カニクイザルの胎児の体細胞から遺伝情報が入った核を取り出し、あらかじめ核を抜いた別の雌の未受精卵に移植。その後成長を促す操作を行い代理母となるメスのサルに移植し、今回のサル2匹の誕生を成功させた。

同研究所は体細胞クローンザルの誕生は、アルツハイマー病や自閉症といった脳疾患や、免疫疾患、ガンに対する新薬の研究に大いに役立つとしている。

7_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年2月2日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。