上海のニュース 記事

無病息災を祈る「臘八節」 玉仏寺などで粥を無料配布

旧暦の12月8日に当たる「臘八節」を迎えた1月24日(水)、上海市普陀区の玉仏寺では中国伝統の粥「臘八粥」が振る舞われ、参拝客が長蛇の列を作ったことがわかった。

同日は中国で、家族の無病息災を願い、様々な穀物が入った粥「臘八粥」を食べる日とされている。玉仏寺では朝9時半から粥を無料で配布したが、瞬く間になくなってしまったと言う。ある参拝客は、同日朝3時半から寺に並んでいたと言い、玉仏寺の粥を食べることは毎年の大切な習慣だと話す。なお同日は、静安区の静安寺でも朝6時から「臘八節」を配布。多くの市民が粥を味わった。

8_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年2月2日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。