上海のニュース 記事

市内各地のサクラが見頃に スイセン展は今週末まで開催

上海市徐匯区の「上海植物園」で最近、ヒガンザクラやカンヒザクラが見頃を迎えていることがわかった。

ヒガンザクラは、市内に植えられているサクラの中で最も早く咲く品種で、サクラ開花の指標とされる。昨年末の寒気を受け、今年は約2週間開花が遅れていると言う。また松江区の「辰山植物園」には、全長550㍍の街道沿いにカワヅザクラが咲き誇り、1カ月ほど鑑賞できる見込み。

そのほか楊浦区の「共青森林公園」で開かれているスイセンの展覧会「2018新春民水仙花展」の開催期間が、3月4日(日)まで延長されることがわかった。

 

~上海ジャピオン2018年3月2日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。