上海のニュース 記事

映画の興行収入が新記録 文化的娯楽への関心高まる

上海市を含む全国各地で2月16日(金)~20日(火)、国内で公開されていた映画の総興行収入が45億元を超え、過去最高となったことがわかった。

映画チケット販売サイト「猫眼電影」によると、春節に当たる16日(金)の1日で、国内映画の興行収入が12億6000万元を突破、昨年の8億1000万に比べ50%以上増加した。特に人気だったのが『モンスターハント2(捉妖記2)』や『僕はチャイナタウンの名探偵2(唐人街探案2)』、『ザ・モンキーキング3(西遊記女児国)』など。専門家は、映画の興行収入が高かった要因として、様々なジャンルの映画が公開されていたことや、国民の文化的娯楽に対する関心が高まっていることなどを挙げた。

なお市文化広播影視管理局によると、春節休暇期間中に市民が、映画・舞台観賞や展示会観賞などに費やした金額は計2億元以上。のべ100万人以上が文化施設を訪れた。

6_新浪

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2018年3月2日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。