上海のニュース 記事

春節期間の資産運営状況発表 年長者への紅包贈与三千元超

個人資産管理アプリを運営する「挖財」は2月28日(水)、上海市を含む中国各地における2018年春節の資産運用状況を発表。春節休暇の15日(木)~21日(水)の間で、1人当たりの消費額が5000元に上ったほか、上海市や広東省で、年少者が年長者に渡した「紅包」の金額が平均3500元だったことがわかった。

また北京市や浙江省で、年少者から年長者へ贈った「紅包」の額は平均3000元。また年代別の「紅包」平均額は〝50後(1950年代生まれ)〟の1120元が最高で、〝80後〟の920元が続いた。そのほか性別では、女性が包んだ額が全体の6割を占めた。

 

~上海ジャピオン2018年3月9日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。