2月の不動産成約 40%減で最低水準

大手不動産会社のリサーチ部門「上海鏈家市場研究センター」は最近、上海市における2018年2月期の不動産成約状況を発表。成約総面積が、昨年2月比41・47%減の20万2900平米、成約件数が同比41・88%減の1675件となり、12年2月以来の最低水準だったことがわかった。

今年の春節休暇が2月の中旬に当たったため、新物件が販売されなかったのが大きな要因と見られる。

 

~上海ジャピオン2018年3月9日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 説明しよう!「時令(shi2ling4)」は「季節」や「旬(の)」、「季節の変わり目…
  2. 珍しいロバ肉を食す「天上龍肉、地上驢肉(天には龍の肉が、地上にはロバの肉がある)…
  3. ~上海ジャピオン2019年8月23日発行号…
  4. キャンディとコラボみ キャンちゃん、またお菓子食べてるでしょ。あま~い匂いがする…
  5. 趣味から実用までカバー①百新文具館本屋「百新書局」に併設する文具店…
PAGE TOP