上海のニュース 記事

2月の不動産成約 40%減で最低水準

大手不動産会社のリサーチ部門「上海鏈家市場研究センター」は最近、上海市における2018年2月期の不動産成約状況を発表。成約総面積が、昨年2月比41・47%減の20万2900平米、成約件数が同比41・88%減の1675件となり、12年2月以来の最低水準だったことがわかった。

今年の春節休暇が2月の中旬に当たったため、新物件が販売されなかったのが大きな要因と見られる。

 

~上海ジャピオン2018年3月9日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。