上海のニュース 記事

上海市は今週にも春入りへ サクラの展覧会が今週末開幕

上海中央気象台は、今週の最高気温が20度前後で推移し、春入りする見込みであると近頃発表した。

気象学上では、5日連続して平均気温が10度を上回った初日を春入りとしている。市では早くて15日(木)にもこの条件を満たし、11日(日)が春入りとなる見込み。なお、例年の春入り日は3月17日前後。16日(金)~18日(日)は最高気温が13~16度になると言う。また市内の今年3月上旬の降雨量が55・3㍉と例年の2倍ほどで、平均気温も9・6度と通常より約1度高くなっている。

さらに虹口区の「魯迅公園」では、3月18日(日)~4月8日(日)に「櫻花展」を開催。東京の上野公園から移植したソメイヨシノが目玉品種で、各種展示スペースも用意する。そのほか宝山区の「顧村公園」では、16日(金)~4月15日(日)に「2018上海櫻花フェスティバル」を行う。園内に5つの展示エリアを設け、4000株以上のサクラが鑑賞可能。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2018年3月16日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。