上海市は今週にも春入りへ サクラの展覧会が今週末開幕

上海中央気象台は、今週の最高気温が20度前後で推移し、春入りする見込みであると近頃発表した。

気象学上では、5日連続して平均気温が10度を上回った初日を春入りとしている。市では早くて15日(木)にもこの条件を満たし、11日(日)が春入りとなる見込み。なお、例年の春入り日は3月17日前後。16日(金)~18日(日)は最高気温が13~16度になると言う。また市内の今年3月上旬の降雨量が55・3㍉と例年の2倍ほどで、平均気温も9・6度と通常より約1度高くなっている。

さらに虹口区の「魯迅公園」では、3月18日(日)~4月8日(日)に「櫻花展」を開催。東京の上野公園から移植したソメイヨシノが目玉品種で、各種展示スペースも用意する。そのほか宝山区の「顧村公園」では、16日(金)~4月15日(日)に「2018上海櫻花フェスティバル」を行う。園内に5つの展示エリアを設け、4000株以上のサクラが鑑賞可能。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2018年3月16日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. デスクワークで肩凝り梅雨で気温や気圧が安定しないせいか、身体のだるさを感じ…
  2. ガラスの展望台、再びオレはウルフ。ロードバイク好きの留学生。中国の国道を自転車で旅…
  3. 上海市黄浦区にある映画館「大光明電影院」が7月15日(月)、24時間営業を始めたことがわかった。…
  4. ~上海ジャピオン2019年7月19日発行号…
  5. 記憶力アップの秘訣――どうも最近、物忘れが激しくなってきたような気がします。…
PAGE TOP