上海のニュース 記事

QRコード決済に上限金額 4月1日から中国各地で実施

中国人民銀行(中央銀行)は最近、オンライン決済サービスのQRコードを用いて料金を支払う際の上限金額を定めた条例を制定。上海市を含む中国各地で4月1日(日)から施行すると発表した。

同条例では、消費者が「支付宝(アリペイ)」や「微信支付」を用いて、「静態条碼(固定のQRコード)」を読み取り決済する際の金額を、1日500元までと設定。例えばレストランなどで、店舗側が予めプリントアウトしたQRコードを読み取って金額を支払う場合、1日の上限額が500元となる。

また消費者側が決済毎に、スマートフォンなどで表示する「動態条碼(流動的なQRコード)」を用いる場合は、その安全性により上限金額を設定。QRコードに加え、数字コードや電子サイン、指紋認証、パスワードなどの認証制度を2つ以上設けている場合は1日5000元、QRコードのみでの決済は1日1000元となる。

6_新浪

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2018年3月23日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。