上海のニュース 記事

理髪で幸せ願う〝龍擡頭〟 市内の理髪店が2時間半待ち

旧暦2月2日の「龍擡頭」の日に当たる3月18日(日)、上海市内の理髪店では多くの市民が理髪に訪れ、賑わいを見せた。

同日は「天で風雨を司る龍が頭をもたげる日」とされ、自分の髪の毛を龍に見立て、これを切る事によって幸福を願うとして、理髪の風習がある。市内各所の理髪店は来店客の対応に追われ、黄浦区南京西路の理髪店などでは、2時間半待ちの行列ができたと言う。

なお、同日は理髪のほか、北京市など北部地域では、麺類や中国式クレープ「春餅」を食べたり、浙江省温州市など南部地域ではカラシナ入り混ぜ込みご飯「芥菜飯」を食べたりする風習も見られた。(3月3日)

8_新浪

(写真は新浪より)

~上海ジャピオン2018年3月23日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。