上海のニュース 記事

南京西路に歴史博物館開館 文化資料や巨大国章を展示

上海市黄浦区の南京西路沿いにある「上海市歴史博物館」が3月26日(月)、2年余りの工事を経てオープンしたことがわかった。

同館には10年の歳月を掛けて造られた婚礼用かご「百子大礼轎」や、建国後初の上海市長を務めた陳毅氏の遺品など、1100点の重要文化資料を保存し、今回はそのうち8割を公開。さらに、1950年代に市で初めて製作された中国の国章も展示されていると言う。開館初日は6200人余りが来館した。

同館は1999年から再開発のため施設を閉鎖し、各地で臨時展示を開催していた。

 

~上海ジャピオン2018330日発行号

 

 

 

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。