上海のニュース 記事

問題のあるデリバリー店 配達員が通報する制度を開始

上海市食品薬品監督管理局は最近、大手デリバリーサイト「美団外売」などで営業許可証を持たない飲食店が横行している問題で、デリバリースタッフと協力し内部通報制度を始めることを発表した。

同局によると、各デリバリーサイトでは、営業許可証を持たない飲食店や、記載されている住所に店がない〝幽霊店〟などが横行しており、最近2カ月で133店を摘発していると言う。同制度ではスタッフ3万人に対し、問題のある飲食店を発見した場合、アプリを通じて通報するよう通達。一方、同制度施行によるスタッフ側のメリットは少なく、制度の徹底にはまだ課題があると話す。

 

~上海ジャピオン2018年4月6日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。