上海のニュース 記事

清明節の鉄道利用者過去最高 高速道路でUターンラッシュ

中国鉄路上海局集団有限公司は4月7日(土)、上海市を含む長三角エリアの高速鉄道において、4日(水)~6日(金)の旅客輸送量がのべ716万人に達し、清明節休暇期間中の最高記録を更新したと発表した。

清明節休暇では、市近郊に墓参りや行楽に出掛ける市民が多かった。休暇最終日に当たる7日(土)には「上海火車」駅、「虹橋火車」駅、「上海南」駅の利用者数がのべ33万7000人にまで上ったと言う。

また市路政局によると、5日(木)~7日(土)における市内高速道路の利用車両数が400万台を突破。7日(土)にはUターンラッシュを迎え、一部区間では貨物車両による貨物落下事故の影響で、5㌔以上の渋滞が続いた。

休暇中は天候に恵まれなかったが、6日(金)には浦東新区の「上海ディズニーランド」で入場者が急増。混乱を避けるため、同日午前9時半にチケットの当日販売を停止するという出来事があった。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2018年4月13日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。