上海のニュース 記事

デリバリーの統一容器を発表 餓了麼などが6月から試験運用

上海市質量技術監督局らは4月27日(金)、全国初のデリバリー用統一容器を発表。プラスチックではなく、ラミネート紙を用いた容器を採用したことがわかった。

同局は「餓了麼」や「美団外売」、「百度」、大学教授などで委員会を構成。65種類の料理サンプルで50項目の試験を実施したと言う。各デリバリーサイトは、6月から長寧区や浦東新区などで試用する予定。

市では毎日、デリバリーの注文が165万件あるとされ、1年間のプラスチック容器が12億個、計4万5000㌧に上っている。この統一容器の導入で、プラスチックゴミを75%減らせる見込み。

 

~上海ジャピオン2018年5月4日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。