上海のニュース 記事

上海市国際博物館記念事業 市内105館を無料開放へ

上海市市文化広播影視管理局と市文物局は5月18日(金)の「国際博物館の日」に伴い、18日(金)~20日(日)の3日間で、市内105の博物館や文化施設の入館料を無料とすることを発表した。

同記念日は、国際博物館会議(ICOM)が1977年に制定したもので、世界各地の博物館が毎年様々なイベントを実施。市では期間中、黄浦区にある「上海市歴史博物館」や浦東新区の「中国航海博物館」、「上海科技館」など、計105館の文化施設が入場料を無料、または半額とし、全館でのべ数十万人の来館客を見込んでいる。また、静安区にある「上海自然博物館」を含む46館が、閉館時間を21時まで延長する。

そのほか各博物館では、夜間を含む特別展示や文化活動、学術講座などを予定。「上海科技館」では、参観者が科学現象を身近に体験できる実験や「科学ライブショー」、「3Dプリンタ」の実演などを予定している。

1_新浪

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2018年5月18日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。