上海労働者の統計データ 新業態の労働者が150万人

上海市総工会は5月17日(木)、市内労働者の統計データ「上海第八次職工隊伍状況調査」を発表。デリバリースタッフやネットタレント、配車アプリの運転手など、新業態に勤める市民が2017年時点で150万人以上に上ることがわかった。

労働者の年齢別では、35歳以下が全体の57%で、1980~90年代生まれが大きな労働力となっていることが判明。また大学卒業以上の学歴を持つ労働者が39・8%と、5年前に比べ10・2%上昇した。市内で働く外国人の数は21万5000人と全国の23・7%を占め、そのうち高級管理職に就く人が33%、一般社員が47%、高級技術職が8%だった。

 

~上海ジャピオン2018年5月25日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP