上海のニュース 記事

オフィスワーカーの生活実態 全国の9割が昼食代30元以下

人材紹介会社「智聯招聘」は最近、上海市を含む中国各地のオフィスワーカーを対象にした生活状況のアンケート結果「2018年白領生活状況調研報告」を発表。回答者2万8000人のうち69・6%が、昼食代を20元以内に収めていることがわかった。

また21~30元と回答した割合が23%で、計92・6%の人の昼食代が30元以内だった。ほか回答者の55%が、通勤に公共交通機関を利用し、17・7%が自家用車で通勤していると言う。

住宅に関しては、北京市で58・6%、上海市で57・3%、深セン市で68・8%の人が賃貸住宅で生活。また全国で、住宅ローンで購入した物件で暮らす人は22・2%だった。「2018年第一季度全国住宅市場研究報告」によると、今年1~3月期における全国新築物件の平均販売価格は、1平米当たり8275元。不動産価格や教育費などの支出がかさみ、食費に回す十分な費用がないと見られている。

6_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年6月1日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。