上海のニュース 記事

高齢者の労働状況を調査 就業率27%、年々低下の傾向

中国メディアが最近、上海市を含む中国各地における高齢者の生活状況をまとめた「中国城郷老年人生活状況調査」を発表。60歳以上でなお働いている人が、全体の27%に上ったことがわかった。

全国で60歳以上の人口は、2015年度に2億2000万人を突破。うち就業している人は5957万人で、1990年度に比べ54%増。しかし労働市場全体から見ると、高齢者の就業率は年々減少していると言う。また、働いている高齢者のうち50%以上が、知人の紹介で現職に就き、26%が起業したと話す。なお子どもと同居している高齢者の方が、独り暮らしよりも就業率が高かった。

 

~上海ジャピオン2018年6月8日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。