上海のニュース 記事

端午節でちまきの販売ピーク 滨江森林公園でホタルが羽化

上海市では6月18日(月)の端午節を目前に控え、市内の各老舗店に「粽子(ちまき)」を買い求める人々が殺到。黄浦区の南京路歩行街に構える「新雅澳菜館」では、1日に4万個以上を売り上げていることがわかった。

また昨年まではザリガニ入り「小龍蝦粽」などの変わり種が次々登場し、注目を集めていたが、今年の新商品で奇抜なものはごく僅か。市民にとって馴染みのある味が多いと言う。

そのほか浦東新区にある「滨江森林公園」では最近、ホタルの羽化が開始。今年5月に園内に放流された3万匹の幼虫のうち、約1000匹が成虫となる見込みで、6月20日(水)前後に飛翔のピークを迎えると予想している。湿原内には幼虫の好むマキガイやボウフラ、イトミミズなどのエサとなる生物が豊富に生息しており、成虫になると徐々に飛び始める。また、気温が25~30度で、夜の18時30分頃からがホタルが活発に飛び交うと言う。

1_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年6月15日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。