上海のニュース 記事

豫園の改造工事計画を発表 区画整理や開放エリア拡大へ

上海市黄浦区に構える「豫園」で最近行われているリニューアル工事に関し、〝豫園故里〟、〝豫園漫歩〟、〝空中豫園〟を三大テーマに、文化と商業、旅行が一体化したエリアを目指す計画が明らかになった。

この豫園二期工事では、同済大学建築与城市規劃学部と協力。九曲橋広場を中心とした〝豫園故里〟では、豫園老路や文昌路の区画整理を行う。また〝空中豫園〟では、様々な業態の店舗を誘致するほか、現在未開放の屋上エリアなども観覧可能にする予定。

「豫園」の来場者数は毎年4500万人だが、多くは1時間程度の滞在に留まっていると言う。

 

~上海ジャピオン2018年6月15日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。