上海のニュース 記事

北外灘の新タワー一部竣工 大悦城とLINEがコラボ

上海市虹口区の北外灘エリアで建設中の、ツインタワーとしては市で最も高い263㍍となる見込みの複合施設「星港国際センター」で最近、非耐力壁であるカーテンウォール部分が竣工したことがわかった。

ガラスカーテンウォールは、外壁の軽量化に繋がるのが特長で、光の反射率を7%に抑え反射光害も防止。日よけ効果にも優れ、室内に設ける電動カーテンの使用頻度も減らせる。さらに各階窓際の床には24の通気口を設け、空気循環の効率化が見込めると言う。

そのほか、静安区の商業施設「大悦城」が最近、メッセージアプリ「LINE」のキャラクター「LINE FRIENDS」とコラボ。同施設の屋上にある観覧車「スカイリング」を、来年2月までの期間限定版で営業していることがわかった。ブラウンやコニーが客を出迎えるほか、各キャラクターをテーマにしたゴンドラも用意。20~30代の集客アップを見込む。

6_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年6月15日発行号

 

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。