上海のニュース 記事

食の安全を守る「食安鎖」 配送員による容器開封防止

上海市徐匯区市場監督管理局は最近、デリバリーアプリ「美団」と協力し、配送中の商品開封を防ぐシステム「食安鎖」の運用を開始したことがわかった。

このシステムは、デリバリー時に配送員による食品容器の開封を防止するため、梱包袋の口に黄色のタグを取り付けるもの。消費者はこのタグを確認すれば、配達中の開封の有無がわかる仕組みで、タグが壊れていた場合は、受け取りを拒否できる。同局は「美団」と提携する飲食店で運用を開始しており、これまでに5万本の「食安鎖」を無料配布した。

「美団」では昨年、配達スタッフが商品を食べてしまう事件が発生している。

8_東方ネット

(写真は東方ネットより)

~上海ジャピオン2018年6月29日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。