上海のニュース 記事

1人っ子政策廃止から2年 4割の夫婦は2人目を望まず

中国のオンライン調査機関らは最近、上海市を含む中国各地の夫婦を対象に、2人目の子どもを持つことに対する意識調査を実施。1970~90年代生まれの夫婦のうち、約4割が2人目を持つことに消極的であることがわかった。

理由として「面倒を見る人がいない」、「産休や育休をすると仕事に影響が出る」、「生活水準を下げたくない」などが挙げられた。国家統計局によると、全国における2017年の出生人口は1723万人で、1人っ子政策を廃止した16年比で63万人減少している。

そのほか、18年1~3月期における全国の結婚人数は約301万組で、前年比5・7%減だった。

 

~上海ジャピオン2018年7月6日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。