上海のニュース 記事

タイで40人超死亡の海難事故 大半が中国人、上海の旅行客も

タイ・プーケット沖で7月5日(木)夕方、中国人客ら計147人を乗せた船2隻が暴風雨によって転覆する事故が起こった。在タイ中国大使館は、うち127人が上海市からの旅行客を含む中国人観光客だと公表。8日(日)9時時点で中国人41人を含む42人が死亡、同6人を含む15人が行方不明となっていることがわかった。

市旅遊局によると、市からの旅行客は8人で、7人が一時行方不明。事故が起こった船は「フェニックス号」と「クイーン・エルサ号」で、事故の被害者はいずれも「フェニックス号」に乗船していた。この事故を受け、現地警察は船長2人を逮捕。また中国国家主席は8日(日)、救助チームを派遣し、行方不明者の捜索に当たらせている。

救助された中国人観光客によると、事故発生の数時間前まで天気は快晴。プーケット島の離島での水上プログラムに参加後天気が急変し、プーケット島に引き返す途中で暴風雨に見舞われ転覆したと言う。

6_東方ネット

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2018年7月13日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。