上海のニュース 記事

例年より2日早く梅雨明け 35度以上の猛暑日続く予想

上海市中心気象台は、7月8日(日)に市が梅雨明けしたことを発表。今年の梅雨入りは6月19日(火)だったため、梅雨期間は例年より4日間短い19日間で、2日早い梅雨明けとなったことがわかった。

各観測所の累計降水量は、100~190㍉。エリア別では、徐家匯観測地点で134・5㍉、最大降水量を記録した松江観測地点でも193・3㍉となり、例年の平均243・1㍉に比べ、明らかに少なかった。

さらに市では、13日(金)から3~5日連続で最高気温が35~37度に達すると予測。梅雨明け後の気温上昇に伴い、同気象台は猛暑による熱中症に対する注意を呼び掛けている。

このほか、太平洋上で7月4日(水)に発生した台風8号〝マリア〟は、西北に向かって移動。11日(水)~12日(木)に掛け、福建省中部から中国大陸に上陸、浙江省南部から華東沿岸地域に進む見込みであると言う。

1_東方ネット

(写真は東方ネットより)
~上海ジャピオン2018年7月13日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。