有名人の飲食店軒並み閉店 宣伝効果は一時的との指摘も

上海市を含む中国各地で最近、中国人作家の韓寒が投資するレストラン「很高興遇見你」が相次いで閉店していることがわかった。

同店は、2014年に開業。15年には上海市や北京市、広州市など全国に十数店舗を展開していた。しかし近年、営業不振などを理由に閉店が相次ぎ、上海市で現在営業しているのは1店舗のみだと言う。また同じく中国の若手作家が投資していたレストラン「趙小姐不等位」も、近頃全店舗を閉店した。

専門家は、飲食店は料理の質やサービスが大事で、有名人の名は一時的な宣伝効果をもたらすに過ぎないと指摘している。

~上海ジャピオン2018年7月27日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP