上海のニュース 記事

上屋付き公共バス停 45カ所が〝偽物〟

安徽省合肥市瑶海区で最近、市内45カ所の上屋付きバス停が、設置者不明の違法建築物であったことが発覚し、ネット上で話題となっている。

同区城市管理行政執法局の調べによると、バス停は設置・管理者が確認されたものの、上屋はいつ、誰が建設したのかがわからないことが判明。その後、ある広告会社が設置したことを認めた。

同局はこの会社に対し、3日以内に上屋を撤去することを命令。これに対しネット上では「もったいない」との声が出ている。しかし市では今年1月、大雪でバス待合室が倒壊する事故が発生したばかりで、安全検査を通過していない建築物は危険だと説明している。

5

~上海ジャピオン2018年7月27日発行号

 

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。