上海のニュース 記事

普陀区の蘇州河沿いを改造へ 緑豊かな複合施設2棟を建設

上海市普陀区政府は最近、区内の蘇州河沿い一帯における整備工事案「蘇河十八湾」を公表。複合商業施設「天安陽光・千樹」の一期工事が、2019年末までに完了することがわかった。

同複合施設は総面積約30万平米で、東棟・西棟に分かれる。そのうち地下3階、地上9階建ての西棟が19年に営業を開始予定。22年に完工する東棟は地下3階、地上19階建てで、商業施設や宿泊施設、オフィスが入居する。この複合施設は2つの山に見立てられ、樹木や緑に覆われると言う。さらに工事案では、莫干山路埠頭の建設やアート空間「M50創意園」のリニューアルなどにより、全長6㌔にわたる遊歩道を一帯に設置することなどが挙げられた。

そのほか、嘉定区では7月19日(木)、「嘉定紫藤園」や上海大学などを囲む環城河沿いに全長6・5㌔の遊歩道が竣工。川と自然が織り成す景色が、中国十大名画「清明上河図」のようだと、市民から好評を得ている。

6_新浪

(写真は新浪より)
~上海ジャピオン2018年7月27日発行号

上海のニュース 過去の記事

上海ジャピオンの総数10,000を超える過去記事より検索

上海天益成広告有限公司 株式会社ベイエリア

上海天益成広告有限公司株式会社ベイエリアにより運営しています。
※当サイトをご覧頂く場合、InternetExplorer7.0以上でご覧頂く事をお薦めいたします。