美団外売に12万元の罰金 営業許可証未取得店の食品販売

上海市徐匯区市場監督管理局は最近、デリバリーサイト「美団外売」に対し、営業許可証を持たないなど経営に問題のある飲食店95軒の商品をサイト上で扱っていたとして、12万元の罰金を課したことがわかった。

摘発された飲食店95軒の内訳は、85軒が営業許可証の未取得で、10軒が営業許可証の取得に関する偽証。一方、市政府は、今回と同じ理由で今年3月、「百度外売」に対し罰金20万元、「餓了麼」に対し罰金64万元の支払いをそれぞれ命じている。これに対し、「美団外売」に対する罰金12万元が安すぎるのではないかと、市民の間で物議を醸している。

~上海ジャピオン2018年8月3日発行号

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新号の電子版はこちらから

新着記事

  1. 電磁波の影響を茶で軽減――先日、スイス人の友人から「電磁波が出るから電子レ…
  2. 上海市では、7月1日(月)にゴミ分別新条例「上海市生活垃圾管理条例」が施行。これを受け市城市管理行政…
  3. ~上海ジャピオン2019年7月12日発行号…
  4. 上海市人力資源和社会保障局らは7月3日(水)、「上海市青年就業状況報告(2019)」を発表。上海戸籍…
  5. 説明しよう!日本の名字「本宮」。中国では、昔の一人称で「私」の意味だ。筆談中…
PAGE TOP